TAMAiGO養鶏場

tamaigo.exblog.jp
ブログトップ
2016年 11月 02日

温室

c0335953_18341819.jpg
お米の脱穀も終わり、次は豆。
温室内はカラッと乾燥しているので収穫した小豆を干します。
莢を開くとそれはそれは美しい小豆色の豆がこぼれ出てきます。


c0335953_18343523.jpg
小さいので選別も大変ですが、香りのよい餡になります。




c0335953_18335203.jpg
香りといえばこちら、フレーズ・デ・ボアの苗たち。
初夏に種蒔きをし、良い苗に育て上げたのに
夏から秋に多忙を極め定植ができませんでした。




c0335953_18345135.jpg
ポットのまま花を咲かせ、素晴らしい香りの実をつけてくれました。
春までこのまま我慢してもらいます。





c0335953_23060187.jpg
こちらも香りの良いパイナップルセージとレモンヴァビーナ。




c0335953_23075019.jpg
セージはサルビアの仲間。
花は本当にサルビアですね。
ニホンミツバチが来ています。


c0335953_23081626.jpg






c0335953_23064125.jpg
アメジストセージもフェルトのような花をつけています。
c0335953_23072533.jpg





c0335953_23050499.jpg
ローズマリーも花ざかり。
気温が氷点下になる前のこの時期、
温室は植物には快適な環境になっているようです。








[PR]

by TAMAiGO | 2016-11-02 23:47 | 農場


<< 錦秋      秋のひよこ >>